なごみだより♪

アクセスカウンタ

zoom RSS マザーテレサとヨガ。

<<   作成日時 : 2005/10/26 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、マザーテレサの映画を観てから、3度目のヨガ教室。


マザーテレサがどんな人だったのか、実はあまり知らない。
映画は、マザーテレサを知ってる人に聞くと、有名なエピソードはあまり入ってないらしい。
代わりに、小さいけれども心打たれる話が、散りばめられたものになっているとか。
その通りというか、クライマックスがどこだっったか、わからない内に終わってしまった。
淡々としてたけど、心に染みるとてもいい映画でした。
小さな映画館でしか上映してないし、もうじき打ち切りになるらしいので、観に行ける方、ぜひお早めにどうぞ。


「無私の奉仕」ってすごいなぁって思うけど、自分にはできないだろうな。
どんなに素晴らしいことでも、喜んで、楽しんでそれをするのでなければ、幸せな行為にはならない気がする。
今の私では、マザーテレサの施設に行って、お世話係をするなんて、無理。
自己満足には浸れても、喜びを見出す前に疲れきって、「お世話してあげてるのに。」っていう押し付けがましさが出てくるのが目に見えてる。
「いい人」でいたいだけの「奉仕」になってしまう。
きっとマザーテレサは「それでもいいのよ。」と言ってくれるだろう。
動悸が何でも、誰かを助けることはできるのだから。

でも、一番に助けるは、誰でも「自分」でいいと思う。
まず、自分に愛を。
満たされたのなら、隣人に愛を。
その順番。
自分の幸せを無視しての奉仕は、ゆがんでいく気がする。
マザーテレサは徹底した無私の奉仕活動だったけど、
(亡くなった時、遺品は下着だけだったとか。)
それが正しいからとか、立派だからとか思ったわけじゃなく、ただ、純粋に、そう行動したかっただけらしい。
やりたいことを、やりたいようにやって生きたら、ああいう生き方になっただけ。
ある意味ホリエモンと同じかもしれない。
望んだことが違うだけで。
だから、マザーテレサはきっと幸せだったと思う。
そして、残念ながら、私はそれを望んでない。
でも、私にもできる何かをしたいな。


と思いながら、ヨガ教室に行ったら。
答えは速攻で返ってきました。
教室の終わりに、先生から、
「皆さんが納めて下さってる授業料は、全額(場所代を除いて)インドの恵まれない子供たちに寄付してます。
皆さんはこうして、授業に参加してくださるだけで、直接寄付をしてることになるんです。
ご自分の健康のためにも、インドの子供たちのためにも、続けてくださいね。」
とのお話があった。
うん。これならできそう。
いつか、でーんと寄付できる自分になりたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マザーテレサとヨガ。 なごみだより♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる